2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

【バイクパッキング】四国一周1,000㎞に挑戦してみた(使ってよかったもの)

いつも応援ありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年2月3日:体裁修正

目次

はじめに

連続した6泊7日にて四国一周(1000㎞)を走行できた(2021年7月20日~7月26日)

宿泊はキャンプ場のみで遂行できた(降雨の日がなかった)

搭載物は約10㎏(自転車除く)であり、クッカー類も持参した

途中の輪行・ショートカットなし

機材トラブルなし(パンク1回のみ)

STRAVAヒートマップ 四国一周
STRAVA走行ルート(ヒートマップ:実際に走行したログをつなぎ合わせたもの)より

今回まとまった休暇を頂けることになり、何か挑戦したいという衝動に駆られた。
いろいろと調べてみた結果、九州から近距離で移動ができ「四国一周1000㎞」というキーワードに興味を持った。

6泊7日のキャンプ旅について、最後であるが少しまとめてみる。

バイクパッキングをここ数年行っているが、今年から導入したもので使い勝手が良かったものを「衣・食・住」として取り上げてみる

衣(身に着けるもの)

Raphaメンズ コア カーゴ ビブショーツ

カーゴビブショーツ
大腿部のポケットがすごく使いやすい

今年のブルベシーズンに合わせて導入したビブショーツであるが、こちらは背面に2つ・大腿に2つメッシュ状のポケットがある。
背面のポケットは背中からの排熱で蒸れやすいことからあまり使う機会がなかったのだが、大腿部のメッシュポケットが劇的に使いやすい。

乗車中の補給食の包装紙ごみ入れ、塩タブレット保管場所
コンビニ等での休憩時のスマートフォン・小銭入れスペース

乗車中に、背中のポケットに手を伸ばさなくていいのでアクセスが楽。

休憩時にスマフォを手に持つ必要がない(意外と大事)、というのが理由である。

最近では「パールイズミ」も同じようなタイプのショーツを販売している。今後主流になるタイプだと思うし、ロングライド時にはあると便利なものである。

HAKUBA 速写ストラップ

HAKUBA 速写ストラップ
HAKUBA 速写ストラップ

今回、 一眼レフカメラ(OM-D E-M10 Mark III)を持ち出した。
スマートフォンのバッテリー消費により電池の心配もあることも理由だが、旅の思い出として「少しでも綺麗に記録に残したい」ということからきている。

OM-D E-M10 Mark III
Dリングを絞ることで、身体にフィットする

ストラップ部幅 が 38mmと、付属品のストラップよりも一回り大きい。

これが、乗車時にストラップがよじれることなく身体にフィットする。

制限時間が設定されている「ブルベ」では持ち出すことは多くはないと思われるが、今後の「遠征」「ツーリング」には一眼レフの持ち出しを可能にできるアイテムである。

ただこの夏場(炎天下)では、身体からの汗によりストラップに潮が付着してしまう。帰宅時には中性洗剤で洗うことをお勧めする。

食(食べるもの・調理器具)

スノーピーク トレック900

ピーク トレック900 JETBOIL
トレック900とJETBOILを纏められる

今までクッカーは、JETBOILとメスティンを持ち出していたが、意外とかさばることが難点であった。
今回、JETBOILにスタッキングできる可能性があるとして、「トレック900」を導入した。

炊飯とフライパン
炊飯+フライパンとして使える

火器はエスビット・ポケットストーブに、100円ショップでも購入できる固形燃料1つで、ちょうど1合のお米が炊ける。

水225g(米の1.5倍の重量)を入れ、無洗米150g(1合)を投入。1時間ほど浸しておく
固形燃料30gが燃える尽きるまで加熱、その後10分ほど蒸らす

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次