2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

【購入レポート】ロードバイクのウェアサイズ選びは腹囲で選ぶ? Raphaメンズ コアカーゴビブショーツMサイズ(身長184㎝)について

いつも応援ありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年2月3日:体裁修正

下記のウインドジャケットの記事を投稿。リンクを下部に掲載

ロードバイクのウェアサイズで悩まれた経験はないだろうか?

Raphaメンズ コア ジャージと同じく「Mサイズ」を購入。
ウェスト優先で選ぶとSサイズになるが丈を優先。
仮にサイズが合わなくても、「Rapha」は未使用(試着)の段階では郵送にて交換対応が可能。
背中ポケットに収納することに対しては、熱対策が必要。

目次

Raphaメンズ コア カーゴ ビブショーツ

パッド入り
パッドもそれなりの厚さがある

前回はRaphaコアジャージについて扱ったので、今回は「ビブショーツ」について記述してみる。
その時の記事リンクは下記に紹介する。

今回の本題である「メンズ コア カーゴ ビブショーツ」であるが、聞きなれないカーゴという商品である。

サイズ表はRaphaコアジャージ同様である。
私の場合ウエストだけで判断すれば「S」サイズになるのだが、丈を考慮し「M」サイズ購入した。

こちらも肌さわりが滑らかで上品な印象を受ける。

CMXSSMLXLXXL
胸囲8894100106112118
ウエスト7278849096102
ヒップ8894100106112118
ラファ公式サイトより

ポケット収納・ゴム部分について

これはポケットが両大腿部分に2か所、背中に2か所、合計4か所のポケットがある。
すなわち、普通のショーツ・ビブでは搭載できない部分に物をいれられる。これはすごく便利だ。

Raphaのサイトでは、大腿部のポケットに「オレンジ」をいれている写真が掲載されている。
ゴムが伸びそうで怖くてできない。

ゴムの目は細かく、上品な感じ。簡単に伸びるということはない感じ。左右大腿部にポケットあり。

想定されるケースとしては、

走行中の補給食の包装紙(ゴミ)の一時置き場といて
コンビニ停車中などで、スマホなどを手に持つのが面倒なとき

ウインドブレーカーなどを着ているときは、背中のポケットにアクセスはし難いこともあり、気軽に格納できる場所でなないだろうか?

携帯(スマホ)も、両手に何か持っているときの置き場所として簡単に大腿部に格納できるのはありがたい。買い物のときとか便利であろう。

背面ポケット部分は、蒸れやすい

背面ポケット
背面ポケットが特徴の製品

また背面であるが、ポケットが2つある。

背中部分のポケットは、走行時にはアクセスすることができないため、
「ワイヤーロック」「日焼け止め」「制汗シート」「ブルベシート」の類であろうか?
厚さにもよるが、ポーチ類も格納できる


サドルバッグ・フロントバック等から、携帯や貴重品を取り出すことなく、背面ポケット等に鍵や防水対策をしたケースに財布類を搭載することも可能だ。

難点があるのは、背中のポケットであるため、体からの排熱の影響を受ける。
併せてジャージでかぶさっているため、蒸れやすい。
熱に強いもの、あるいはジップロックで梱包したものを背中のポケットに入れないと悲惨な目に合うかもしれない。

背面ポケット
この図は、バスタオルに巻いて足で踏むと、乾きやすい、ということだろうか、、、

私の失敗談

昼食時にサイクルコンピューターを外し、一時的に背中のポケットに保管
昼食を取り終わったとに、自転車に装着する際に、、ちょっとした悲劇。

GARMIN・EDGE530にフィルムを張っていたのだが、背中からの排熱によりフィルムが蒸れてしまい、熱で表面のコーティングがまだらに剝がれてしまった。

サイコンのフィルム自体はそんなに高値ではないが、背中のポケットは万能ではないということをわかっていただけたら嬉しい。

サイズ感・使用感

股下

股下だが、Mサイズで特に支障はなし。ペダリングの際突っ張るといった事象なし。

Raphaコアカーゴビブ

ウェスト・ビブ部分も窮屈な感じはしない。

個人的な好みかもしれないが、このコアシリーズは肌さわりが滑らかなこともあり、サドルから滑りやすく違和感を感じることもあるかもしれない。
私のサドルはAstute製であるが、パールイズミのコールドブラッグパンツに比べて若干滑りやすく感じた。

気になるかたは、「OTIONのグリップシート」のようなグリップ性の高いものをサドルに張って調整するのも一案かもしれない。
(私は試したことがないので、この辺りは個々の感覚で判断していただきたい)

手持ちのショーツ類では、奮発して購入してみたのだが、多くのポケットがあるということは何かと便利がいい。

工夫をすればブルベ時にサドルバッグが必要なくなる可能性もでてきた。

これは、5月22日開催予定であった「松山~小倉600k」ブルベのために新調したものであったが、残念ながら「延期」が決定した。
まずは今シーズンのメインショーツとして活躍してもらうつもりだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次