2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

【ブルベ走行録】多くのサイクリストに遭遇したしまなみ海道2日目 RM429東京1350 日本列島1/2縦断

しまなみ海道

いつも応援ありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

目次

はじめに

投稿段階(2022年5月6日現在)にて、私と同時刻帯に出発した2700km(鹿児島~宗谷岬)の参加者が宗谷岬を目指して現在も奮闘して走られている。この場をかりてエールを送りたい。無事なライドを祈念する。

この記事の要点
  • 4月29日よりN2BRMとしてスタートするRM429東京1350 日本列島1/2縦断のブルベ走行録
    →4月29日6:00スタートして、110時間8分後にゴール(認定申請中)
  • 初日は441km地点の大分・臼杵港を目指し4月30日8:50のフェリーの乗船
  • 瀬戸内海沿いを走るルートで序盤の強風に悩まされることになったが、フェリー下船後は157kmを走行

日時:2022年4月29日(金・祝)

スタート:4月29日6:00~5月6日6:00の間で各自任意で選択

スタート地:鹿児島桜島(キューシート参照)

ゴール地:富山県富山市(キューシート参照)

ゴール受付:完走後リモートブルべカードより認定申請のこと

認定距離:1350km (総距離1351km、獲得標高約13000m予定)

制限時間:112時間30分

https://randonneurs.tokyo/?p=15212より一部抜粋

前回の投稿は下記を参照して頂きたい。

2日目:4月30日(土)

フェリー乗船区間

4月30日未明は、宮崎県を北上して大分・臼杵港を目指している時間帯ではあるが、今回の投稿はフェリー乗船以降になる。

大分・臼杵港から2時間15分後に、愛媛県・八幡浜港に到着する。

この時間帯も、ブルベの走行時間としてカウントされている。しっかり寝れたのは1時間程度であろうか。身体が楽になった。

睡眠できた前後の時間帯はモバイル端末の充電や、プロテクトJ1(お尻用クリーム)、サプリメントの整理などをして準備を整える。

※以降の距離表記はフェリー乗船区間68kmを加えた数値としている

八幡浜港ターミナル

C3 下灘駅 478km地点

11:10頃に八幡浜港を出発する。この日の目的地はしまなみ海道・因島にある旅館で約160kmを走行する。チェックイン時間が20:00となっている。

当初の7:45フェリーに乗れなかったことで、Ave.18km/hで160kmを走行する工程に修正。

八幡浜港を出発すると天気は晴天そのものだ。気温も暑くなく寒くなく気持ちいいライドができそうである。

懸念は、全般的な向かい風であることと、序盤の強風である。

Ave.18km/hでいいはずなんだけど、、、

ますは、八幡浜港から37km過ぎにあるチェックポイント「下灘駅」を目指していく。

離れ岩の上の鳥居 どうやって行くんだろう

風光明媚な海岸線を眺めながら進んで楽しみたいところであるが、今回のブルベは「風」がキーワードとなるようである。

私にとっては「向かい風」として、、、気持ちいい道路であるがスピードがでない。

八幡浜から2時間近く要して、37km程を走行し、このブルベ3つ目のチェックポイント「下灘駅」に到着した。

スタートから31時間7分後の13:07に撮影(AVE.17.3km/h) フェリー乗船時間含む

多くの観光客がおられた

日本縦断の参加者も数名おられた。

またGW期間・天候良好ということで観光客で賑わい、撮影スポットでは写真撮影待ちが発生していた。

本来であればコーヒーを飲みながら海を眺めて、といきたいところであったが、いかんせん向かい風の影響がライドを阻むことが想定される。楽しむ余裕がなくなっていたのである。

下灘~松山~しまなみ海道

C3「下灘駅」をチェックしてからは、この先120km先にあるしまなみ海道・因島の旅館を目指す。

強風区間をパスして、松山市内に入ると今度は渋滞で全然進まない。クリートの脱着頻度も上がりストレスを感じるのが悩ましい区間である。

もしかしたら20:00チェックインできないかもと思い始めた。

松山市内は渋滞であった

逆に松山で脚をあまり動かさなかった分、体力は戻ってきたのかもしれない。松山以降、北条を経由して今治を目指すわけであるが、渋滞を抜けるとペースを一気に上げることができた。この日の借金をとりもどし、夕方(17:00)にはしまなみ海道入り口まで到着。少し西日が差している。

このしまなみ海道、いままで午前~昼間の時間帯に走行したことがあるが、夕暮れ~日没後のライドは初めてである。楽しみが勝ってきた。

17:00頃撮影、しまなみ海道入り口

ここは、しまなみ海道。多くのサイクリストがこの時間帯でも遭遇する。

今治に帰ってくるサイクリストが多いのだが、子供連れのサイクリング、通学の学生などが多い。ここまで600km走行してほぼボッチ走行のブルベ人としては、一気に人と挨拶した時間帯であった。軽く手を挙げる程度、「こんにちあ」程度の挨拶であるが、来島海峡大橋だけでも100人をこすサイクリストと挨拶を交わすことができたのが励みになり有意義な時間帯でもあった。

鹿児島→宮崎→大分→愛媛→広島へ 5県目

しまなみ海道を進むこと2時間半ぐらいだろう。日も落ち暗くなった因島の旅館に到着した。

フェリーの距離68kmを入れないとしても、鹿児島から約600km走行して、一つのブルベが完結した距離ではある。
予定の20:00前に到着し、夕食をしっかりいただくことができた。

スタートから37時間46分後の19:46に撮影(AVE.17.6km/h)

満寿美荘 自転車は別館玄関内に置かせていただいた(施錠つき)

建物は決して新しくはないが、部屋に風呂はないが別フロアに浴場(温泉)が引いてある、洗濯機も使わせていただいた。7450円で一泊2食付きで、今治市内などで一泊6000円前後の素泊まりと比較して満足できるものであった。

天ぷら・さしみ・煮付け・煮物 ご飯はおかわり
翌5月1日 7:00頃 建物へのスロープが激坂であった

参考
八幡浜港~因島・満寿美荘 157km 8時間34分(グロス)TSS213

ここまで私のペースなりに保って走り続けていたので、しっかり休息にあてた。

大浴場でリフレッシュし、洗濯を行い、翌日の5月1日は7:00出発に備えた。おおくのTwitteもここで確認することができた。翌日は尾道にわたり姫路方面へ進んでいく予定である。

しかし、翌日の3日目が最大のヤマ場であった。

いままでブルベ・キャンプ等で活用していた自転車が悲鳴を上げていたのである。

次回はこの様子をまとめて投稿しようと思う。

この記事を書いた人
FUJIのアバター

FUJI

体力低下が否めないアラフィフチャリダー、気持ちだけは30歳代前半

  • 出生:1970年代生まれ 埼玉県
  • 体格:身長184cm 体重70kg
    (2022年5月現在)
  • ロードバイク歴:10年
    (年間走行距離10,000㎞程度)
  • ライドスタイル
    ブルベ歴:
    【SR達成】2017~2019・2021年
    バイクパッキング:
    東北縦断・四国一周など
    ファンライド・Zwift
  • メインバイク:TREK Émonda SL5
  • セカンドバイク:GIANT DEFY2
  • メンテナンス:主にセルフ
しまなみ海道

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次