2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

【私の対策】サイクリストにおける「すね毛」の処理は?

いつも応援ありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

※画像はイメージ

2022年2月3日:体裁修正

目次

はじめに

「サイクリスト」と「すね毛」の処理は永遠のテーマである
どれが「正解」というものはないしかし「見た目」効果もあり「すね毛」処理をしている人は多いだろう

毛の量が多いと、T字剃刀(ひげ用)は毛が詰まってしまうため時間がかかる私は「すね毛」の量が比較的多いため、昨年から全身用のトリマーをつかっている

安価・短時間で手軽に処理が可能だ

「サイクリスト」には、他のスポーツと比べて特有の悩み・問題が存在する。

その一つが「すね毛」の処理であろう。

今回は私事で恐れ入るが、比較的簡単に処理できている方法を紹介する。

なぜ「すね毛」を処理するのか?

サイクリスト
イメージ(フリーサイトより転用)
  • 空気抵抗を減らすため
  • 落車の際に擦過傷が生じた際、速やかに処置を行うため
  • マッサージオイルを塗り込みやすくするため
  • 見た目(ふくらはぎを立派に見せる、など)

などいろいろと理由がある。

プロロードレーサーであれば、上の事項は当てはまるだろう。
しかしホビーライダーは上の事項というよりは、見た目から「すね毛」の処理をしている方も多いだろう。

傍から見て、きれいに処理された「ふくらはぎ」をみると、筋肉がクローズアップされて戦闘力の高い「サイクリスト」に見える(個人的主観であるが)

そんな私も「見た目」の点から「すね毛」のメンテナンスを行っている。

人前に合うときは、寝ぐせがついた状態ではなく、エチケットとして「整髪」をするはずだ。
サイクリングにおいては、エチケットとして「すね毛」のメンテナンスを行っている。

理由はそんなもんである。

「すね毛」処理の方法

除毛クリーム
イメージ

大きく分けて3つあるだろう。

  1. カミソリやバリカンで毛を剃る「剃毛」
  2. クリームなどをつかって溶かす「除毛」
  3. 美容外科などを利用する「脱毛」

私の場合は「1」の一択である。

そもそもロードバイクにかけられるお金も限りがある。
いくら「すね毛」が多いとはいえ、一回数万円を何回にわたって「永久脱毛」という考えは出なかった。また私は皮膚が弱いため、薬品による皮膚の荒れが目立つのである。
なので、クリーム等の「除毛」は候補から外れた。

ということで、手軽に安価である「剃毛」でいままで処理をおこなっていた。

しかし「カミソリ」だけでは時間がかかってしまうことがある。
毛の量によると思うが、比較的「すね毛」が濃い方は処理に苦労しているのではないだろうか?

普段髭剃りとして使っている3~5枚歯のT字剃刀では、毛が詰まってきれいに反り上げることができない。ビジネスホテルにあるような使い捨てT字剃刀では、肌に引っかかって出血を起こすこともたびたびあった。

そこで昨年から「ボディーグルーマー」を使いだしたところ、いままでの悩みが解決できたものである。

ボディーグルーマー

フィリップス ボディーグルーマー BG3005/15
フィリップス ボディーグルーマー 本体丸洗い可 充電式 BG3005/15 

全身用の体毛処理として使うバリカンのようなものである。

8時間充電で40分間使うことができる(メーカースペックより)

2020年1月頃に購入した記憶があるが、3000円もしなかった。
通販サイトによっては「フィリップス ボディーグルーマー 本体丸洗い可 充電式 BG3005/15」の販売もあるが、価格が適正でないケースもあるので注意

※メーカーホームページには、現在この商品でなく新しいモデル 2種類が掲載されている。

価格帯が近いものは、「Bodygroom series 1000」であるのだが「乾電池式」に代わってしまった。

水洗いできるので、衛生面で清潔に管理できる。

おおざっぱにトリミングを行って(下記動画)、最後の処理として「T字カミソリ」で仕上げれば、短時間でつるつるの足になる。


しかし普段のライドの時は、「T字カミソリ」をつかわないことがおおい。
(1~2日もたてば、うっすら生えてくるため)

トリミング機器としては「防水」とあるが、足がぬれていると、毛が外刃にくっつきやすく時間がかかってしまうため、湯船に入る前(身体を洗う前)に、カットすることを薦める

あくまでも「気軽」「安価」に処理をするためである。

トリマーだけで片足2分ぐらい

ボディーグルーマーだけでも両足で5分ぐらい対応ができる。

「フィリップス」だけでなく「Panasonic」など全身用トリマーが発売しているので、価格・その他の用途も含めて考慮してもらえれば幸いである。

まとめ

これから夏に向かい、日焼けした立派なふくらはぎを魅せる絶好のシーズンである。

きちんと「すね毛」の処理をして、見た目にもかっこいい「サイクリスト」になろう。

カミソリやバリカンで毛を剃る「剃毛」は、簡単に取り掛かれるが、定期的に「すね毛」の処理をしなくてはすぐ生えそろってしまう。

「皮膚の体質」や「経済面」とも相談し、除毛クリームやレーザー機器を使った「永久脱毛」も有効な選択肢であろう。

「サイクリスト」以外の方には、理解されにくい「すね毛」問題であるが、自身にあった方法を選択いただきたい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次