2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

【取扱開始】4iiii PRECISION 3 パワーメーターが海外通販にて購入できる。電池寿命800時間、より薄型に

4iiiiパワーメータ

いつも応援ありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

※2022年3月30日 新旧製品比較の表レイアウトを変更

目次

はじめに

この記事の要点
  • ロードバイクのクランクに取り付ける新型パワーメータで、バッテリー性能・サイズが改善
  • 4iiii(フォーアイ)のパワーメータは比較的求めやすい価格であり、私のロードバイクには4iiii製のパワーメータを取り付けている(2台)
  • パワーメータはレースをする人だけでなく、ロングライドで体力マネジメントを行う際、客観的に判断できる。

4iiii(フォーアイ)のパワーメータの取り扱いがイギリスの通販会社ProBikeFit(以下「PBK」)で始まった。このメーカーであるが、ツール・ド・フランスに出場するプロチームへの供給もおこなっているので実績はある。

日本の代理店「TRI SPORTS」ではまだ掲載がない(2022年3月10日現在)が、「Precision 3.0」という新しいバージョンのパワーメータである。

4IIII PRECISION 3 パワーメーター – 105 R7000

4IIII PRECISION 3 パワーメーター- ULTEGRA R8000

4IIII PRECISION 3 パワーメーター – デュラエース R9100

新旧製品比較

Precision 3.0が今回アナウンスされた製品であり、Precision 2.0と比べてみると

バッテリー寿命が100時間→800時間
クランク裏のセンサーの厚み 7.5mm→5.5mm

と画期的なスペックアップである。

Precision 3.0Precision 2.0
精度±1%±1%
バッテリータイプCR2032CR2032
バッテリー寿命800時間100時間
防水性能IPX7IPX7
パワーレンジ0~4000W0~4000W
ケイデンスレンジ30~170RPM30~170RPM
重量9g9g
高さ(厚み)5.5mm7.5mm
通信プロコトルANT+, BluetoothANT+, Bluetooth
※実売価格(ProBikeFit
2022年3月30日現在
105 R7000 ¥44,420105 R7000 ¥34,033
詳細はこちら詳細はこちら
ProBikeFit / TRI SPORTS より引用
※セールクーポン・キャンペーンにより実売価格は変動の可能性があります

クランク裏に取り付いているセンサーであるが、車種によっては相性で取り付けが断念するケースが多いとのこと。事前にクリアランスの確認が必要になってくるのだが、日本の代理店でこのような記事が投稿されている。

(Precision 2.0のクリアランス確認)

Precision 2.0であるR8000クランク型を2年前に、R5800クランク型を4年前にそれぞれ3万円台中盤で購入した

上記写真は2022年3月撮影
旧製品であるR8000 Precision 2.0

工具無しで電池交換が可能であるが、センサー上蓋からCR2032電池が外せないケースが出てくる。
その際はマグネット(ケイデンスセンサ)を使ってCR2032を取り外す。

パワーとは

漫画:ドラゴンボールに登場するフリーザ様のセリフ

「私の戦闘力は53万です」という有名なセリフがある。
この戦闘力を測定する「スカウター」というアイテムが、ロードバイクにおける「パワーメータ」であると勝手に認識している。

パワーメータというパーツは、どのくらいの力でペダルを回しているか、という数値(w:ワット)であり、数値が高いと、それだけの力がクランクにかかるため推進力が得られる。

FTP

1時間維持できる限界の平均出力(w)
いわゆる、1時間燃え尽きるぐらい全力で漕いだときにはじき出される出力である。

ホビーライダーはそこまで計測できる環境がないので、事前のウォームアップから数分間の全力走で無酸素運動を行った後の20分間の出力に0.95を掛けた簡易値を用いることが多い

パワーウェイトレシオ

体重1kgあたりどれくらいのワット数を出せるかを表した割合【パワーウェイトレシオ(パワーw/体重kg)】で判断することが多い。

パワーは体重が大きい人ほど自重がかかることから、軽量の方は相対的にパワーが少なくなってしまう。このため、相対値としてロードバイクにおける強い人(速く走れる人)の目安として用いられる。

例 体重60kgの人のFTP240Wのケース→240w÷60kg=4.0(w/kg)

「今日は2.5倍で1時間トレーニング」というのはパワーウェイトレシオのことを指している

パワーメータを取り付けるメリット

効率よくトレーニングが行える

感覚的でなく客観的な数値で可視化できるため、効率よく追い込んでトレーニングができる

パワートレーニング
引用:パワー・トレーニング・ゾーン計算ツール【PTB】−じてトレ
Zwiftを始めとするアプリにパワー値を転送できる

室内でローラー台を使ってトレーニングする際、単調になりやすく飽きやすい

このようなオンラインで世界中の方とバーチャルライドできるアプリケーションを用いるとトレーニングが持続しやすい(有料)

600人近い世界中の方とバーチャルライド 左上の数値がパワーメータの出力値
ロングライドの体力温存に役立つ

FTP以上のパワーでペダルを長時間まわしていると、体力の消耗がはげしくなる。無駄な消費を防ぐためにサイクルコンピューターでパワーを表示させていると、ペース配分が容易に管理しやすい。上記の表でいうとL2相当でパワーを掛けていると長時間出力できる。


私の場合、ブルベなどのロングライド時のヒルクライム(峠)で無理をしないようにパワー管理を行っている

まとめ

自転車パーツは日進月歩の世界で、どんどん新しい製品がアナウンスされる。

パワーメータで求めやすい4iiii製であるが、新製品はメリットがあるがまだ価格が高い設定になっている。

今後旧型(Precision 2.0)がディスカウントになることも想定されるため、検討してもいいだろう。

もっともパワーメータがなくてもロードバイクに乗ることに支障はない。効率よくトレーニングを行いたい・レースで結果を残したいといった目標がある方には向いている製品であり、多くの人が必ず取り付けなくてはいけない製品ではない。

パワーメーターの予算が厳しければ、心拍計でもある程度代用はできる。

私はデータを眺めることが苦ではない人間であるので、データが蓄積されるとそれだけ「頑張った」証として、まるでロールプレイングゲームのようなレベルアップに近い満足度がえられるために、パワメータを取り付けてトレーニングをおこなっている。

ロードバイクの走行に少しでもレベルアップをしたいのであれば、予算と照らし合わせた上でパワーメータというアイテムを検討してみてはいかがだろうか。

4iiiiパワーメータ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次