2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

【2022年2月更新】このサイトのトップページ画像について 風景解説(長崎県伊王島・しまなみ海道・四万十川・愛媛県大洲・秋吉台)

伊王島港にて

いつも応援ありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

目次

はじめに

この記事について

こちらのブログであるが、最初のメインビジュアルが風景写真を5枚を順次スライドする設定にしている(2022年2月より)。
こちらのロケーションについて簡単であるが、ロケーション・解説を加えてみる。

旅好きの方にとって少しは参考になっていただけたら幸いである。

ブログテーマ変更

まったりと、ちゃり生活
まったりと、ちゃり生活

2022年2月より、ブログテーマを「SWELL」に変更した。メインビジュアルが大きく変わったこともあるが、ブログ設計に関し直感的な操作で編集が可能になり楽になったと感じている。

テーマとは
Webサイトデザインや構成を設定するためのテンプレートのこと。

風景について

長崎県長崎市伊王島港

伊王島港にて
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともとは離島であったが、2011年に伊王島大橋がかかり、ロードバイクで長崎市市街地より20km程でアクセスできる。リゾートホテルや温泉施設・海水浴場も併設し、特に夏場は多くの方が来られる。

サイクリングとしても伊王島一周全体として10kmもないため、レンタル自転車を借りている観光客も多い。

サイクリングイベントは、長崎ご当地のファンライド「ツール・ド・ちゃんぽん」や、「伊王島TT」が開催されている(以前は「オランダ村」スタートであった)。近年はコロナ禍により開催が見合わされているが、昨年のツール・ド・ちゃんぽんは、長崎出身の「弱虫ペダル」作者である渡辺航先生が参加される予定であった。状況が許すようであったらまた参加してみたい。

伊王島(面積1.31 km2周囲7.1 km)と沖之島(面積0.95 km2周囲5.1 km)の2つの島を合わせて伊王島と呼ぶ。2つの島の間は幅数十mしかなく、2つの島を結ぶために栄橋・賑橋・祝橋の3つの橋が架けられている。本土からの交通は伊王島港(1丁目)と約10km離れた長崎港との間を旅客船のみで結んでいたが、2011年3月27日に長崎市本土と伊王島地区(沖之島:伊王島町2丁目)を橋で結ぶ伊王島大橋が開通した。

かつては炭鉱の島として栄えたが、閉山後は農漁業を兼業する。また、島全体が釣りの適地である。近年では、長崎市近郊のリゾート地として開発が進む。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E7%8E%8B%E5%B3%B6%E7%94%BA
伊王島港にて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次