2022年5月11日「まったりと、ちゃり生活」は2年目にはいりました。ご愛顧ありがとうございます。

ロードバイク履歴書

2011年からロードバイクを乗り始めて約10年。いままでの自転車・パーツ遍歴をまとめてみた。
平均するとおよそ2万/月の予算を自転車(本体・パーツなど)に費やしている計算になった。 ※2022年2月16日現在 順次更新予定
この記事を書いた人
FUJIのアバター

FUJI

体力低下が否めないアラフィフチャリダー、気持ちだけは30歳代前半

  • 出生:1970年代生まれ 埼玉県
  • 体格:身長184cm 体重69kg
    (2022年2月現在)
  • ロードバイク歴:10年
    (年間走行距離10,000㎞程度)
  • ライドスタイル
    ブルベ歴:
    【SR達成】2017~2019・2021年
    バイクパッキング:
    東北縦断・四国一周など
    ファンライド・Zwift
  • メインバイク:TREK Émonda SL5
  • セカンドバイク:GIANT DEFY2
  • メンテナンス:主にセルフ

評価は「3」が及第点、「5」が必ず次も購入するという自己基準

2022年2月現在

自転車

寸評
コンポーネントを8000Ultegraに入替えを行ったエモンダは取り扱いが軽く、ダンシングにおいてもレスポンス良く登ってくれる
DEFY2は当時8万円台で購入したリア10速バイクであるが、現在でもセカンド機として活躍している
(現在ではTiagraで8万円台にてロードバイクは購入できないだろう)

ホイール(リムブレーキ用)

寸評
ZONDAは長距離走行や普段使いに使用しており不便は感じていない。
RACING ZERO NITEは、加速の掛かりが強く面白いホイールと感じたが、長距離を一定のペースで走るブルベでは、性能を十分活かしきれないと思い手放してしまった。

『CAMPAGNOLO ZONDA C17 クリンチャーホイール』の概要(PROBIKEKIT)

タイヤ

寸評
GP4000Sからほぼこのシリーズのタイヤで、現在はContinental Grand Prix5000を使っている。
耐パンク性は高いが、国内購入価格がまだ高いので海外通販で購入している。

ハンドル

寸評
3T 製「Tornova Pro」 アルミ44㎝を使用している。42cmタイプよりも安定してポジションが取れるので好みである。上ハンポジションにおける手のひらへの負担が少ないのがGood、3000円であればまた買い直す。カーボンである3T Ernova Teamは期間が短いため評価できず。

サドル

寸評
ロードバイク歴10年であるが、まだサドル沼にハマっている。
今までのサドルで短い距離であれば坐骨への影響は少ないのだが、400km以上走行すると坐骨の痛みが増してきて、フォームが維持できなくなる(速度が落ちる)
今まで手を出していなかった、SelleSMPサドルの調整をしっかりと行いたい。

SMP ( エスエムピー ) サドル BLASTER LIMITED EDITION(ワイズロード)